今月号抜粋

335号(2017・3・31)

[対文協だより]

*第149回研究会を開催
 3月21日(火)、対文協第149回研究会が霞が関ビル・東海大学校友会館で午後6時から開催された。研究会はロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究委員 コンスタンチン・サルキソフ 氏を講師に招き、「日ロ首脳会談後の日ロ関係と今後の展望」と題して講演が行われた。研究者として長年に亘り日ロ関係の歴史や政治、経済など多角的視点から研究してこられ、複数の日本の大学で教鞭をとられるなど、研究と教育の両分野で活躍してこられたサルキソフ氏は、日ロ首脳会談後の日ロ関係と今後の展望について映像や写真を使用し、複眼的な講演を行った。(本号特集参照)

*日本ブルガリア協会理事会・大使歓迎会
 3月22日(水)、東海大学校友会館にて日本ブルガリア協会理事会が開催され、対文協からは渡邉隆司事務局長(日本ブルガリア協会常任理事)が出席した。
 また、理事会終了後には日本ブルガリア協会主催によりボリスラフ・コストフ駐日ブルガリア新大使の歓迎会が行われ、コストフ大使の日本での活躍を祈るとともに同協会理事らとの懇親を深めた。

訃 石原 萠記 副会長 (日本対外文化協会副会長)
 2月24日、92歳にて逝去されました。対文協創立時から多岐にわたりご尽力いただきました。謹んでご冥福をお祈りします。

[特 集]

第149回研究会
   日ロ首脳会談後の日ロ関係と今後の展望
        ロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究委員 コンスタンチン・サルキソフ

[ロシアの新聞・雑誌から]

◇日ロ2+2(外相と国防相)東京会談 <gazeta.ru 17.3.20>

◇モスクワで6年ぶり反政府汚職デモ <kommersant.ru 17.3.26>

◇キエフで元ロシア下院議員の暗殺事件 <Kommersant.ru 17.3.23>

◇EUは対ロ経済制裁を更に半年延長 <gazeta.ru 17.3.13>